まとめてみました。 - 2ちゃんねるで読むニュース


まとめてみました。トップページへ 
おすすめブログの更新情報
ブログ移転のお知らせ
このブログは以下のブログに移転します。

わんだーらぼ
http://wonderlaboratory.com

お手数ですが、登録の変更をお願いします。
しばらくはこちらのブログでも更新します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【話題】 横浜ゴムが韓国企業と提携で “技術流出”は大丈夫?

引用元:【話題】 横浜ゴムが韓国企業と提携で “技術流出”は大丈夫?
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1387336462/


1 :影のたけし軍団ρ ★ 2013/12/18(水) 12:14:22.82 ID:???0


「ブリヂストン」、「ミシュラン」、「グッドイヤー」の3強が君臨するタイヤ業界の勢力図に、変動も?

 12月2日、世界8位の横浜ゴムが11位の韓国・クムホタイヤと技術・資本提携に向けた協議を始めると発表したのだ。

「同規模のクムホタイヤさんとなら、対等な関係で提携できると判断しました」

 とは、横浜ゴムの担当者。

「今後はタイヤの原材料から構造、製造工程まで、あらゆる技術を対象に協議を進めます。2社で研究開発をした方がより多くの費用をつぎ込めますからね」

 実は今、タイヤメーカーに拡大の好機が訪れている。自動車評論家の菰田潔氏によれば、

「BRICsで車の需要が高まり、世界的にタイヤが不足しているんです。そこで両社が提携すれば、横浜はクムホのアジア工場を新たな拠点とすることができるし、クムホには横浜の高い技術が手に入るので、双方にメリットがある」

 横浜ゴムのタイヤの強みは、優れた耐久性にあるという。スポーツカーや高級車向けのメインブランド『アドバン』の最新型は、今年8月に日本発売が発表された最高クラスのメルセデス・ベンツに装着されているほどだ。

 が、相手は日本人技術者をあの手、この手で買収してきた韓国である。技術の流出は大丈夫なのか。

「タイヤの性能はゴムの質や構造、表面の模様などで決まりますが、各メーカーで最も違いが出るのは、ゴムの質です。横浜がどこまでその技術を開示するかは協議次第ですが、仮に非開示のものが流出したとしても、さほど影響はありません。その間も開発が進むので、流出した技術は古くなる一方なんですよ」(同)

 提携が吉と出ますように。

http://www.gruri.jp/topics/13/12181800/

【経済】横浜ゴム、韓国のクムホタイヤと資本提携協議 研究・開発資源などを共有★3
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1386237125/-100


スポンサーサイト


このエントリーをはてなブックマークに追加
[タグ] 韓国
[ 2013/12/19 09:33 ] 国際 | TB(0) | CM(0)

【政治】 日本ジャーナリスト会議 「今すぐ衆議院を解散せよ」

引用元:【政治】 日本ジャーナリスト会議 「今すぐ衆議院を解散せよ」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1386466945/



1 :影のたけし軍団ρ ★ 2013/12/08(日) 10:42:25.74 ID:???0


 国民の「知る権利」を侵す恐れのある特定秘密保護法は六日深夜の参院本会議で、与党の賛成多数で可決、成立した。野党は慎重審議を求めたが、与党が採決を強行した。だが「秘密保護法案反対」を訴えていた人たちの声は、消えることはない。「法律廃止」へと変わるだけだ。国民の権利を守ろうという全国の幅広い層による活動は続く。 (城島建治、関口克己)
 法成立に強く反対してきた「特定秘密保護法案に反対する学者の会」は七日、名称を「特定秘密保護法に反対する学者の会」に変え、活動継続を宣言。学者の中には、法律は違憲立法だとして法廷闘争に持ち込む準備を始める動きもある。
 女性関係の三十六団体でつくる「国際婦人年連絡会」は、法成立を受けて近く集会を開催する。戦争体験を持つ女性が多く所属しており、秘密保護法が脅かしかねない平和の尊さを広く訴えることの重要性を確認する。
 連絡会の世話人で、女性の地位向上に尽くした政治家の故市川房枝氏の秘書を務めた山口みつ子さんは、秘密保護法が成立したのは「昨年末の衆院選と今年の参院選の低投票率の弊害だ」と分析。「有権者が政治への関心を高めないと、権力的な政治がさらにまかり通る」と訴える。
 アイヌの有志でつくる「アイヌウタリの会」は、法律廃止への賛同を広く募っていくことを決めた。
 弁護士有志による「自由法曹団」も法律の廃止を求めた。自民党の石破茂幹事長がデモとテロを同一視した問題を挙げ「政府に反対する声がテロとして排斥され、密告・監視が横行する。こんな国と社会は許されない」と訴えた。
 日本ジャーナリスト会議も、衆参両院での採決強行を「憲政史上、前例のない最悪の暴挙」と非難。安倍政権を「国民の目と耳と口をふさぎ、民主主義を否定する」と批判し、衆院を解散して国民に信を問うべきだと主張した。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013120802000109.html



このエントリーをはてなブックマークに追加
[タグ] マスコミ
[ 2013/12/08 17:33 ] 政治 | TB(0) | CM(0)

【秘密保護法】 安倍内閣支持率、49%→46%にダウン。秘密保護法「審議不十分」と思う人は76%…朝日新聞が緊急の世論調査

引用元:【秘密保護法】 安倍内閣支持率、49%→46%にダウン。秘密保護法「審議不十分」と思う人は76%…朝日新聞が緊急の世論調査
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1386468437/



1 :ばぐ太☆Z ~終わりなき革命~ φ ★ 2013/12/08(日) 11:07:17.05 ID:???0


 特定秘密保護法が6日深夜に成立したことを受け、朝日新聞社が7日、全国緊急世論調査(電話)を実施したところ、秘密保護法の国会での議論が「十分だ」は11%にとどまり、「十分ではない」が76%に達した。賛否については賛成24%、反対51%となり、法律が成立してもなお反対が多数を占めた。

  特定秘密保護法への賛否の質問は今回で3回目。成立前に法案への賛否として聞いた11月定例調査(9~10日)では、賛成30%、反対42%。前回の緊急調査(11月30日~12月1日)では賛成25%、反対50%で、反対が賛成を上回る傾向が続いている。

 秘密保護法に賛成の層でも議論が「十分だ」は30%しかなく、「十分ではない」が59%に上る。反対の層では「十分ではない」が89%に達した。与党は「審議が尽くされた」として参院の採決に踏み切ったが、国民の多くは議論が足りないと思っている。

 国会審議の進め方や法律の内容についても疑問の声が多い。与党が衆院に続き、参院の委員会でも採決を強行したことは65%が「問題だ」と回答。政府に都合の悪い情報が隠されるなど恣意(しい)的な運用に対する不安を「感じる」も73%に上り、「感じない」の18%を大きく上回った。

 一方、秘密保護法への見方とは別に自民1強体制について尋ねると、「よいことだ」は19%にとどまり、「よくないことだ」が68%に上った。自民支持層でも56%が「よくない」とみている。最近の国会の状況をみて、安倍内閣や自民党に国民の声を聞こうとする姿勢を「感じない」も69%となり、「感じる」の16%を大きく引き離した。

 安倍内閣の支持率は46%、不支持率は34%。前回の支持率49%、不支持率30%に比べて差が縮まった。

http://www.asahi.com/articles/TKY201312070366.html



このエントリーをはてなブックマークに追加
[タグ未指定]
[ 2013/12/08 13:33 ] 政治 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。