まとめてみました。 - 2ちゃんねるで読むニュース


まとめてみました。トップページへ 
おすすめブログの更新情報
ブログ移転のお知らせ
このブログは以下のブログに移転します。

わんだーらぼ
http://wonderlaboratory.com

お手数ですが、登録の変更をお願いします。
しばらくはこちらのブログでも更新します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今春に大学を卒業した56万人のうち、20万人が未就職・・・内閣府

引用元:【調査】 今春に大学を卒業した56万人のうち、20万人が未就職・・・内閣府
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1352201588/


1 :影の軍団子三兄弟ρ ★ 2012/11/06(火) 20:33:08.11 ID:???0

 内閣府は6日、有識者の「若者雇用戦略推進協議会」を開き、今春に大学を卒業した若者のうち、約20万人が企業からの求人があったにもかかわらず、就職しなかったとする調査結果を公表した。

 約20万人のうち、約8万人が大学院などに進学し、残り約12万人は就職も進学もしなかったか、アルバイトなどで生活している。中小企業を中心に、求人内容と若者の希望が合わない「雇用のミスマッチ」が背景にあり、政府は大学とハローワークの連携強化など対策に乗り出す。

 内閣府の資料によると、今年卒業した大学生は約56万人。ほぼ同数の求人があったが、実際に就職したのは36万人にとどまった。

http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012110601001921.html


4 :名無しさん@13周年 2012/11/06(火) 20:34:28.62 ID:HfFGBLfq0


民主党の成果だねおめでとう


スポンサーサイト


このエントリーをはてなブックマークに追加
[タグ] 就職 雇用
[ 2012/11/06 23:03 ] 社会 | TB(0) | CM(0)

ガチで役に立った資格ランキング

引用元:【調査】ガチで役に立った資格ランキング [12/10/24]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1351331570/


1 :本多工務店φ ★ 2012/10/27(土) 18:52:50.69 ID:???

今のまま仕事を続けていても、永遠に同じ事の繰り返しだ……!! などと嘆きながら、毎日、遅くまで働かれている方も多いと思います。お疲れさまです。一朝一夕に行かないとはいえ「資格でもとって、華々しく転職してやる!」というのも、現在のビジネスライフを打破するうえで、一つの手ですよね。

では、自分に見合った資格はなんだろう……と考えても、一つに選ぶのはなかなか難しい道のりです。なにせ、資格コレクターなる人がいるほど、資格とは多種多様なもの。そこで、今どきのビジネスパーソンにはどの資格が、ガチで役に立っているのか?を、調べました。


今回は、マイナビ会員の200名に聞いた、「ガチで役に立った資格」ランキングをお届けします。数ある資格の中で、回答の多かった上位3つはこちら。

Q.お持ちの資格のうち、もっとも役に立ったと思うものを教えてください。
1位 簿記検定 12.3%
2位 TOEIC 8.4%
3位 秘書検定 7.0%

上位3位までの資格について、以下のようにコメントをいただきました。

■簿記検定
事務系の仕事が多かったので(新潟県/女性/47歳)
会計も任されるようになったから。(和歌山県/男性/28歳)
数字を使えば立場関係なく主張できる(東京都/男性/26歳)
提案時やお客さまの財務状況を確認するときに役に立つため(未入力/女性/25歳)
就活時も転職時も、これがあれば取りあえず面接まではいける。(兵庫県/男性/45歳)

■TOEIC
何かと重宝する。(神奈川県/女性/31歳)
転職活動の際、自信を持ってアピールできるからです。ワープロ検定は、文書などを作成するときにスムーズに操作できるので効率よく仕事ができます。(大阪府/女性21歳)
仕事で使うので(千葉県/女性/35歳)
外国人のお客さまが多いため(東京都/女性/27歳)
外国の方との交渉時において、語学力が必須なため。(東京都/男性/25歳)

■秘書検定
ビジネスマナーが身についているので、立ち振る舞いしやすい(奈良県/女性/32歳)
普段そこまで使う仕事ではないですが、ちょっとしたときに豆知識として役に立っています。(千葉県/女性/25歳)
名刺交換や書類の整理方法など実務に案外役に立つものが多かった。(兵庫県/女性/29歳)
履歴書の資格欄を埋めるために取得したのだが、事務職では宛名書きや手紙の書き方など、意外に役に立つ場面があった。(神奈川県/女性/32歳)

また、それ以外では、以下のような資格を挙げる方が多かった。
■MOS
たまにPCの質問されたり、ヘルプをしたりで重宝される。自分用にも便利。(奈良県/女性/32歳)
仕事上使う機会が多いので(山梨県/女性/26歳)
パソコンの使い方に限らず、社会で役立つ知識や技術を学べたのが良かった(東京都/男性/27歳)

■FP
仕事上必要なので(新潟県/女性/32歳)
金融機関だから金融知識は必須だから(大阪府/男性/26歳)

■PRプランナー
広報担当の視点を得られ、企画書作りの精度が劇的にあがりました(神奈川県/男性/30歳)広報に関する知識が増えるから。(埼玉県/女性/30歳)

そのほか、誰にでもおすすめできるわけではなく、これがないとそもそも職に就けないという類の資格も以下のように寄せられた。

調査時期:2012年10月17日~2012年10月21日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数:男女200名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

ソース:マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2012/10/post_2447.html




このエントリーをはてなブックマークに追加
[タグ] 就職 雇用 資格
[ 2012/10/31 18:03 ] 雇用 | TB(0) | CM(0)

正社員でも40歳年収280万円の絶望

引用元:【賃金】正社員でも40歳年収280万円の絶望 (日刊SPA!)[12/10/23]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1351042887/


1 :やるっきゃ騎士φ ★ 2012/10/24(水) 10:41:27.32 ID:???

 10/23発売の週刊SPA!「40代年収200万円台時代の衝撃」特集では、40代・年収200万円台の人々を取材したところ、正社員で勤続年数が長い場合でも例外ではなかった。

 自動車産業一筋20年の大沢修さんは、8年前から現在の工場で勤務。最初の数年は年収330万円前後だったが徐々にダウン。昨年は280万円とついに300万円を切ってしまった。

「今年も同じくらいです。社長には、『今は持ちこたえているが、5年後はわからない』と言われました。できれば別の仕事に転職したいけど、整備士以外の資格も技術も何も持っていないし……」

 だが、肝心の車の整備もハイブリット車を整備できるスキルは持っていない。そのため、「同業他社への転職も難しい」と言う。

「10歳、8歳、2歳とまだ手のかかる子供が3人もいる。特に長男は『将来大学に行きたい』って言ってるけど、今の状況じゃ無理。私に似ないで頭のいい、自慢の息子なんだけどね」

 あまりの困窮ぶりに現在末っ子の育児に専念中の大沢さんの奥さんも「来年からパートに出る」と宣言。だが、大沢さんがこの調子では大幅な改善は期待できない。

「妻の実家に援助を頼むつもりです。もともと折り合いが悪かったのですが、息子たちのことを可愛がってくれるので。子供をダシに使うのは心が痛みますけど」

 援助を請うのもいいが、一家の大黒柱ならほかにもやることがあるはず。これでは家族も不安だ。

 長引く不況、グローバル化とIT化のなかで、上場企業でもあっても年収200万円台――そんな40代が珍しくない時代が、すぐ近くにやってきている。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

ソースは
http://nikkan-spa.jp/315875
大沢さんの家計簿

書き出します。
月収 21万5000円
--------------------------------------
家賃      3万5000円
食費      4万5000円
光熱費     1万円
通信費     1万円
車の維持費   2万5000円
子供の積み立て 2万円
パチンコ代   1万円
雑費      6万円
--------------------------------------
支出計 21万5000円


4 :名刺は切らしておりまして 2012/10/24(水) 10:43:05.36 ID:V/LC33Vk


>パチンコ代 1万円


6 :名刺は切らしておりまして 2012/10/24(水) 10:43:31.30 ID:TJpb2FIS



こうして、無能者は淘汰されたのであった

          -完-




このエントリーをはてなブックマークに追加
[タグ] 雇用 年収 格差
[ 2012/10/25 21:58 ] 雇用 | TB(0) | CM(0)

会社には何分前に出社していますか?

引用元:【調査】会社には何分前に出社していますか? 最多は30分以上前 [12/10/08]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1350118402/


1 :@@@ハリケーン@@@φ ★ 2012/10/13(土) 17:53:22.80 ID:???

みなさんは、会社にはいつも何分前に出社していますか? 今回は、読者のみなさんに、会社には何分前に出社しているのか、アンケートで調査してみました。職種の違いなどで大きく変わるかもしれませんが、さて何分前出社が多いのでしょうか?

調査期間:2012/6/27~2012/6/30
アンケート対象:マイナビニュース会員
有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)

Q.会社には何分前に出社していますか?

30分以上前……371人(37.1%)
15分前……289人(28.9%)
10分前……149人(14.9%)
5分前……88人(8.8%)
定時きっかり……22人(2.2%)
1分前……19人(1.9%)
5分後……8人(0.8%)
10分後……5人(0.5%)
30分後以降……1人(0.1%)
定時出社ではない……48人(4.8%)

以上のような結果になりました。最多だったのは「30分以上前に出社している」という回答です。次に多かった回答は「15分前に出社している」というもの。こちらも回答数は全体の約30%と、全体的に定時の15分~30分前には余裕を持って出社している人が読者の中では多いようですね。

また、定時以降に出社するという回答は全体の1.4%と、かなり少数でした。やはり遅刻になりますから、そんなに多くはないですよね。ただ30分後以降に出社するという回答があったのは驚きでした(笑)。

次になぜその時間に出社するのか、理由を聞いてみました。

■定時より前に出社すると回答した読者の理由

【30分以上前に出社】
・出社してから制服に着替えるので、できるだけ早めに会社に行っておきたい(26歳/男性)

・電車で座れる時間に家を出ているので、かなり早い時間帯に会社に着いてしまいます
(44歳/男性)

・職場が20階にあるので、エレベーターが混雑する時間を避けたいと思うとこの時間になる
(28歳/女性)

・定時よりも30分前に出社することが暗黙の了解みたいになっているので仕方なく……
(29歳/女性)

ソース:マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2012/10/post_2384.html

(つづく)




このエントリーをはてなブックマークに追加
[タグ] 雇用
[ 2012/10/16 09:09 ] 雇用 | TB(0) | CM(0)

中年転職者の悲哀「よその企業が不要だと思った人は、ウチも不要」

引用元:【コラム】中年転職者の悲哀~「よその企業が不要だと思った人は、ウチも不要」 [12/09/24]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1348901212/


1 :@@@ハリケーン@@@φ ★ 2012/09/29(土) 15:46:52.08 ID:???

<前略>

■「仕事は部長」なんていう人は、もういない

  こういう話を書くと、必ず出てくるのが「『あなたは何ができますか?』と質問すると、『部長をしていました!』と答える人がいるので困る」というエピソードです。

 話としては面白いのですが、正直なところ、今のビジネス社会にこんな人はもういません。少なくとも、その程度の人に部長が勤まっていた時代は過去の話なのです。いまどき、転職を視野に入れているほとんどの人は、職務経歴書を作り、いままで仕事をしてきたことを文字にして、経験を可視化する作業をします。その中で、自分が身につけた能力やスキルと呼ばれるようなものを抽出し、自分のセールスポイントとしてまとめます。

 就活生のように、大した経験でもないことから無理矢理引っ張りだした能力ではなく、ある程度実績に見合った力なので、それなりに説得力を持つことになります。が、この作業をすることが、逆に転職する際に、自分自身の足を引っ張ることになるのです。

  社内で盤石の状態を築いている人の能力であれば、ケースバイケースとは言え(仕事の能力的な部分は低くても、社内政治が得意、といったケースもあるでしょう)、見るべきものがあります。少なくとも、今いる企業では、「その人は求められている」と言えるわけです。

 しかし、首元が涼しくなっている状態の人が持っている能力は、少なくともその企業では求められなくなっているということになります。考えてみれば当たり前のこと。ですから、自分の能力が求められる場所に移るという選択肢を取らざるを得なくなるのです。以前は、一歩先に進んでいた企業を退職した、という人の持っている能力を高く評価し、迎え入れたいと思っていた企業は少なくありませんでした。しかし今は、風向きがちょっと変わってきています。

■よその企業が不要だと思った人は、ウチも不要

  転職者を取り巻く環境がどのように変化してきたのか。端的に言うと「よその企業が不要だと思った人は、ウチも不要」という感じでしょうか。「厳しいビジネス社会なのだから、仕事ができる人を企業は手放したりしないはず。手放された人には、それなりの理由があるのではないか」。そう考える採用担当者が増えているのです。

 事実、企業が中途採用市場において求める人材は「転職希望者として、採用市場に出てきていない人」になってきています。転職意欲がなくても、「現在よそで大活躍している人なら、ウチに欲しいです」という企業が多くなっているのです。そのことについては、別に不思議でも何でもありませんよね。自分が採用する立場になって考えてみれば、「確かに、よその会社をお払い箱になった人を採りたいという考えはないな」と分かるはず。見方によっては「ないものねだり」をしているようにも感じるのですが、これは判断の分かれるところでしょう。

<後略>

ソース:Business Media 誠
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1209/24/news018.html
※省略部分はソースを参照して下さい。


6 :名刺は切らしておりまして 2012/09/29(土) 15:52:39.94 ID:B6dhwDLG


どこもとる余裕がないんだよ
人を採った分次は自分が追い出されかねない




このエントリーをはてなブックマークに追加
[タグ] 雇用 就職 転職
[ 2012/09/30 14:58 ] 雇用 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。